関西最大級の園芸会社 国華園 畑から台所まで

国華園のお得情報満載!植物の育て方やコツなど、栽培に関する情報も♪

国華園情報ブログ

【秋植え花苗栽培】パンジー・ビオラの育て方

パンジー・ビオラ

冬から春の花壇の定番として大人気のパンジー・ビオラ。
色や種類も豊富で、花の少ない冬も華やかな花を咲かせてくれます。
こんもり咲き誇るタイプのものもあり、花壇・寄せ植え・ハンギングなど、楽しみ方もたくさん!!

そんなパンジー・ビオラを種から育てる方法をご紹介いたします。
→パンジービオラの種販売はこちらから。
→パンジービオラの苗販売はこちらから。



◆パンジー・ビオラの基本情報◆
・学名:Viola×wittrockiana
・科名:スミレ科
・属名:スミレ属
・開花期:11月~5月
・発芽適温:15~20℃
・生育適温:5~20℃
・定植時期:10~3月
日当たり、風通しの良い場所を好みます。
種から育てる方法と、ある程度まで育てられた苗から育てる場合があります。
初心者の方は苗から育てた方が簡単に美しい花を楽しまめます。

パンジー・ビオラの栽培方法
■種まき
秋の彼岸頃がまき時です(発芽適温15~20℃)が、この頃にまくと開花は春になります。
秋から花を咲かせるためには、夏に種をまく必要があります。
夏まきは8月中旬頃から行い、冷房の効いた室内で発芽させることがポイントです。

市販の種まき用の土など新しい用土を使用し、育苗箱やセルトレイに種まきします。
種をまく前に土に水をしみこませます。
パンジー・ビオラの種は細かいので、バラまきにするか点まきにします。
パンジー・ビオラの種は発芽に光を必要とする「好光性種子」なので、種が少し隠れるくらいに薄く覆土します。芽が出るまでは霧吹きなどで土を湿らせ管理します。

■仮植え
芽が出たら苗が徒長しないように屋外に出し、朝夕の日光が当たる場所で管理します。たくさん芽が出てきたら混んでいるところを適宜間引き、本葉が3~4枚になったら、6㎝ポットに鉢上げします。

仮植えしてポットに根が回った状態が店頭などで販売されている苗となります。
初めての方や種まきは面倒な方は、10月頃から出回る苗からスタートするととっても簡単にパンジー・ビオラを楽しめますよ

■定植
ポットに根が回ったら花壇や鉢に定植します。

■用土
パンジー・ビオラは水はけ良く、日当たり、風通しの良い場所を好みます。
【地植え】
定植前に苦土石灰・堆肥・肥料を土にすきこみます。
【鉢植え】
花と野菜の土など市販の培養土で大丈夫です。元肥入りでない場合は、緩効性肥料を混ぜてから植えてつけてください。

■植え付け方
定植する苗の根がポットの形にびっしりと回っている場合は、軽くほぐしてから植え付けます。
植え幅は庭植えの場合15~20㎝間隔に、鉢植えの場合は10㎝間隔に植えます。這い性やこんもり茂るタイプは、10号鉢(直径30㎝)に1株植えつけます。

■水やり
過湿にならないように注意してください。
【地植え】
植えつけた直後にたっぷり与えるとほとんど必要ありません。
【鉢植え】
鉢の表土が乾いたら鉢底から水が出るまでたっぷりと与えます。

■追肥
花を長く咲かせ続けるのに追肥は大切!!
冬の間は必要ありませんが、開花が盛んになってきた頃に、リン酸・カリ分の多く含む緩効性肥料を月に1度与えると良いでしょう。

■病害虫
アブラムシが発生しやすいので、発見次第薬剤で駆除します。
風通しが悪いと病気も出るので、花ガラ摘みをこまめに行い、茂りすぎたら切り戻しを行います。

■お手入れ
花が終わったら花茎ごと摘み取る花ガラ摘みを行います。花ガラ摘みを行わないと、種ができることがあり、株が疲れ花を長く咲かせることができなくなるので、こまめに花ガラ摘みを行うことが大事な作業となります。

パンジー・ビオラの栽培は、園芸初心者の方でもトライしやすいお花です。華やかに咲いてくれるのでご近所さんにも褒めてもらえるかも
国華園では豊富な種類と激安価格でパンジー・ビオラの種と苗をご提供しております。
毎年キレイに咲いたと喜びの声をいただくほど、大好評です。
パンジー・ビオラの種と苗は是非国華園でお買い求めくださいませ!!

→パンジービオラの種販売はこちらから。
→パンジービオラの苗販売はこちらから。

【ニンニク】ニンニクを栽培してご家庭で黒ニンニクを作ってみよう

皆さん、黒ニンニクをご存じでしょうか。
ニンニク1

真っ白いニンニクを熟成・発酵させると、真黒なニンニク「黒ニンニク」ができます。

元々栄養価が高いニンニクですが、熟成・発酵させることで、さらに栄養価が高まることが研究結果でも報告されています。
健康な身体づくりのためも食べる方が増え、最近ではスーパーなどでも見かけるようになりました。

家庭菜園で種球から栽培したニンニクを使って、ご家庭で黒ニンニクを作ってみませんか。
今回はニンニクの栽培方法ではなく、黒ニンニクについてご紹介いたします。

→ニンニクの栽培方法はこちらから。
→ニンニクの種球販売はこちらから。
※例年5~10月に販売

■黒ニンニクって?
『黒ニンニク』とは、生のニンニクを蒸し焼きにして熟成させた健康食品のこと。
皮をむくと中身は真っ黒で、口に入れると甘酸っぱいレーズンやプルーンのような、とてもニンニクとは思えない味わいです。ニンニク特有のあのニオイが、熟成させることによりほとんど感じられなくなり気になりません!! 熟成させるだけで、見た目も味わいも、白いニンニクとは全く別の代物になります。
食べやすいので、手軽に食べられる健康食品として注目を集めています。

■熟成で栄養価アップ?!
ニンニクを熟成させることで、アルギニン・Sアリルシステイン・シクロアリイン・プロリン・ピログルタミン酸他、各種アミノ酸が数倍に増強するともいわれています。
※熟成温度や湿度、期間によって成分量が異なります。

■特有のニオイが消える?!
発酵・熟成により、ニオイの原因となる揮発性の硫黄化合物が減るため、生ニンニク特有のあの強いニンニク臭は少なく微臭です。ニンニクのニオイを気にせずお召し上がりいただけますので、気軽にお料理などにもお使いいただけ大変便利です。

■食べ方
食べ方は簡単。皮をむいてそのままお召し上がりください。1日1~2片が目安で、体調に合わせてお召し上がりください。黒ニンニクは熟成されているので、生ニンニクのような刺激が少なく、胃の弱い方でも安心して食べていただけます。煮物、炒め物、ドレッシングなどのたれなど、お料理にも使え、美味しさ満点で手軽にご利用いただけます。

最近ではスーパーなどでも手に入りますが、家庭でも炊飯器を使って簡単に黒ニンニクをつくることができます。
次に黒ニンニクの作り方をご紹介します。

炊飯器を使った黒ニンニクの作り方

<材料>
・ニンニク  中玉15個程度
・キッチンペーパー  2枚
・ざるorかご  1個
 (炊飯器の底に収まるぐらい)
・保温機能付き炊飯器    1台
 (普段使いしないものがおすすめ)
<作り方>
1.炊飯器の底にざるやかごを入れその上にキッチンペーパーを敷きます。
2.空間を埋めるようにニンニクを詰め込み、キッチンペーパーを上に掛けます。
3.保温スイッチを入れ、12~14日を目安に熟成させます。
4.完成まで2~3日に1回ほどニンニクを上下にひっくり返したり、並べ替えたりします。
5.熟成が完成したら炊飯器から取り出します。
6.網やザルに上げ1日干したら完成です。
ニンニク2

炊飯器のスイッチを入れるだけで簡単に黒ニンニクが作れます。
種球から栽培し、たくさん収穫できたニンニクの一部を黒ニンニクに加工してみてはいかがでしょうか。
ニンニクの種球販売はこちらから。
※例年5~10月に販売
ニンニクの栽培方法はこちらから。

国華園ではニンニクの名産地青森県産の熟成黒ニンニクも販売しております。
わざわざ作るのが面倒だという方には、プロが作った完成品はいかがでしょうか。
黒ニンニクの販売はこちらから。

【ショウガ栽培】ショウガの育て方

ショウガの育て方


漢方薬や健康食品にも利用されているショウガは、様々な料理にも使われとっても身近な野菜のひとつですね。
ピリッとした辛味が料理の味を引き締めてくれるだけでなく、その優れた栄養効果・効能から、日本を含む世界各地で香辛料や民間薬として用いられてきた健康野菜「ショウガ」。
そのポカポカ成分は「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」という3つの主な辛味成分に分かれています。はじめにピリッとくる辛みがジンゲロールで、後からじんわりと、ぽかぽかくる辛さがショウガオール。生の生姜には、ショウガオールはあまり含まれていませんが、熱を加えることでジンゲロールの一部がショウガオールやジンゲロンに変化し、ぽかぽかパワーがグッと増すそうです。

そんな万能なショウガの栽培は、実はとっても簡単!!安心・安全な自家製ショウガを効果的に日々の食事に取り入れてみませんか。

そんなショウガをご家庭で育てる方法をご紹介いたします。
→ショウガの種イモ販売はこちらから。


◆ショウガの基本情報◆
・学名:Zingiber officinale
・科名:ショウガ科
・属名:ショウガ属
・収穫期:10~11月
・植え付け時期:4~5月
ショウガの栽培方法
■栽培適地
日向~半日陰の湿潤な土地を好みます。鉢・プランター栽培では、赤玉土7:鹿沼土3の混合土が最適ですが、畑土など保水性のある土なら、どんなものでもかまいません。
■植え付け
【注意点】
※連作は嫌うので、2~3年で場所を変えます。
※発芽適温は18℃以上なのであらかじめ切り分けたショウガをポットに植え付けて暖かい所で芽出しをしてから植え付けると生育が早いです。
【植え付け前に行うこと】
・植え付け2週間前:1㎡あたり50gの苦土石灰を畑に施しておきます。
・植え付け1週間前:1㎡あたり堆肥バケツ3分の2杯、配合肥料50gを施して、幅70cmの畝を作ります。
・植え付け3日前:種ショウガの場合、2~3芽付くように切り分け(大ショウガは70g、三州・八郎ショウガは60g、金時ショウガは40~50g、ナンキョウは100gが目安)、切り口を乾燥させます。この時、刃物は使わず必ず手で分割してください。
ショウガ種イモ切り分け

【植え付け当日】
株間20~30cm、深さ5~6cmで芽を上にして植え付けます。
※芽がでるまで2か月ほど時間が掛かる場合もあります。
ショウガの畝幅

■その後の管理
生長期間が長いので追肥が大切です。
植え付け10日後から2週間おきに3回追肥し、除草と土寄せをします。1回目は1㎡あたり約150g、2回目と3回目は約100g。乾燥に弱いので梅雨明けには株元に敷きワラします。
■収穫
10~11月頃、根が完全に肥大すると同時に地上部が黄変してきたら新生姜として収穫します。
※10℃いかになると腐ってしまうので、必ず霜が降りる前には収穫してください。
収穫後はモミガラなどに埋めて保管します。
ショウガの栽培表

■金時ショウガの軟化栽培
軟化栽培する場合は、株間は通常より狭めに植え付け、株の上に盛り土をし、光が当たらないように育てます。肥料はほとんど必要ありませんが、乾燥には注意します。新芽がひょろひょろと30cmほどに伸びたら収穫します。
■種ショウガ用の貯蔵
たくさん収穫できたら、来年用の種ショウガとして保存しておくことも可能です。
貯蔵適温は13~16℃。30cm前後に収穫したショウガを積み重ね、湿り気のある赤玉土や畑の土を薄くかけ、その上にショウガをまた重ねる作業を繰り返し、1.2mほどでやめ、3~5cm覆土します。その上に30cm程度のワラをかけて、雨よけをします。半月後の晴天の日にワラを除き、土を15cmかけ60cm以上のワラを重ね、雨よけをします。
※ケンフェリア・ガランガ(バンウコン)は寒さに弱いため、収穫後種芋を保存する際は土を入れた鉢などに入れ、水を切った状態で室内管理することをお勧めします。
■ショウガの豆知識
ショウガの名称

【根しょうが(=ひね生姜・囲い生姜)】
薬味として使うにはコレ。秋に収穫した新しょうがを2か月以上貯蔵した、「一般的なショウガ」。
貯蔵することで適度に水分が抜け、皮も黄土色で固く中身も締まった状態に。繊維質が形成され、生姜本来の香り・辛味が強くなります。
【新しょうが】
十分に根が肥大したころに収穫したショウガを貯蔵せず利用。皮が白っぽく、茎の付け根はうっすらピンクがかっているのが特徴。スジが少なめで、みずみずしく爽やかな辛味が魅力です。甘酢漬け・天ぷら・炒め物などが美味しい。
【葉しょうが】
金時ショウガなどの小ショウガ品種を主に用い、葉が6~7枚程度の時に葉付きで収穫。生のままで味噌などをつけて食べると大変美味しい。
葉しょうがを軟化栽培してさらに若採りしたものは筆しょうが(=矢生姜・芽生姜)と呼ばれ、葉が3~4枚程度・草丈が15cmぐらいの新芽を引き抜いて収穫します。焼き魚などのあしらいとして添えられる「はじかみ」はこの筆生姜を甘酢漬けにしたものです。
ショウガ料理

→ショウガの種イモ販売はこちらから。

第36回日本菊花全国大会 【日本一決定】


第36回、令和元年の日本菊花全国大会

日本一が決定いたしました!!







各賞も決定し展示しておりますので、是非ご来園ください!!

会期:2019年10月20日~11月23日
会場:(株)国華園 和泉本店 ※無料大型駐車場完備
主催:日本菊花会

→日本菊花全国大会・受賞者一覧はこちらから




国華園の菊苗や菊作り用品は、通信販売でも入手可能!
あなたも育ててみませんか?
→菊苗の販売はこちらから。
→菊資材の販売はこちらから。

【第36回 日本菊花全国大会】2019年10月20日よりいよいよ開催!!

第36回 日本菊花全国大会

今年で36回目を迎える日本菊花全国大会が開幕致します。
全国から菊作りの名人が集い、見事な菊がたくさん展示されております。

他に類を見ない、高い栽培技術によって咲き誇る大輪の菊は一見の価値あり!
ぜひ、足をお運びください。

一番の見頃は、審査日(11月5日)の前後となります。
賞が決定するのは11月5日の午後です。
※審査のため、11月5日の展示会入場は午後からとなります。

会期:2019年10月20日~11月23日
会場:(株)国華園 和泉本店 ※無料大型駐車場完備
主催:日本菊花会





国華園の菊苗や菊作り用品は、通信販売でも入手可能!
あなたも育ててみませんか?
→菊苗の販売はこちらから。
→菊資材の販売はこちらから。









月別アーカイブ
記事検索
ブログスタッフ紹介

国華園ブログスタッフ

2011~2013までインターネット部で植物を担当し、その後、カタログ編集で野菜を担当しています。
野菜関連記事はブログスタッフが直接、その他のジャンルは担当者から原稿を取り立てて掲載しています。