関西最大級の園芸会社 国華園 畑から台所まで

国華園のお得情報満載!植物の育て方やコツなど、栽培に関する情報も♪

国華園情報ブログ

プロが教える種の発芽3つの法則-失敗しない種まき

ブログネタ
野菜作りや花作りなどに関することを好きに書いてください。 に参加中!
a0001_009178買った種の芽が出ない!

トマトやトウモロコシ、スイカにナス……ワクワクしながら品種を選んで購入して種をまいたのに芽が出なかった!
そんな経験はありませんか?
ポットにまいた、水もあげている、3日経った……変化無し。
1週間経過……変化無し--10日過ぎ………変化無し!
このあたりでしびれを切らす事が多いことと思います。

楽しみだったぶん、落胆と苛立ちがミックスされた感情が沸々とわき上がってきます。
失敗から学ぶことも多いですが、できれば成功させて収穫まで漕ぎ着けたいところです。


種まきには必勝の法則があります!

植物にはそれぞれ発芽条件というものがあります。
この条件が揃わないと種から芽が出ないよ! という絶対条件です。
逆に言えば、その条件をビシッと揃えてあげると芽が出ます。
順番に見ていきましょう。続きを読む

【鳥獣対策グッズ】モグラの被害拡大していませんか?

blog140322-01

の花も咲き始め、いよいよ春本番!という感じですが、それとともに活発化するのが「モグラ」です。モグラは冬眠しない動物なので被害は1年中出るんですが、この時期は毎日『モグラ対策について・・・』『モグラの・・・』『モグラが・・・』というお問い合わせをたくさんいただきます。

実は春~夏にかけてはモグラの繁殖期にあたります。縄張り意識が強いのでそれ以外の時期は単独で行動しているんですが、この時期は縄張りの外へも活動範囲を広げており、当然被害も拡大します。しかし、モグラの対策は大変難しく、被害を完全に防ぐことができたらノーベル賞ものだという話もあるとか(T_T)

だからと言って、丹精込めた植物を荒らされて泣き寝入りするなんてできません!また、一口にモグラ対策と言っても、状況や段階に応じて色々なアプローチが可能です!そこで、今回よくお問い合わせいただく件を中心にモグラ対策についてまとめてみました!
続きを読む

日本菊花全国大会開催中!

2013kiku_01

日本中の菊作り名人が技を競う日本菊花全国大会!
今年で記念すべき第30回となります。
※切花・ダルマ作り菊会場の会期は11月5日~10日までです。
また、三本立単鉢会場の会期は10月28日からとなります。
2013kiku_02

普段目にする機会の少ない堂々たる大菊をはじめ、全国の名人たちが丹精込めた作品が続々
大阪府和泉市の国華園本店に集まってきています。
11月5日には厳正な審査の上で日本一の菊が決定し、展示されている作品たちもこの頃に
一番の見ごろを迎える予定です。
2013kiku_03


国華園の菊苗や菊作り用品は、通信販売でも入手可能!
あなたも育ててみませんか?
↓↓↓
国華園オンラインショップ・菊苗販売

【チューリップ】球根大量販売!なんと1,100球ケース売り

春の花壇の主役と言えばチューリップ!
そして、その魅力が最大限発揮されるのは、やっぱり“たくさん植えたとき”です。
tyu-hatake














赤・白・黄色、一面のチューリップ畑の美しさに勝るものはなかなかありませんよね♪

そんなチューリップ畑の感動を、ご家庭でも味わってみませんか?
国華園なら、なんと普通球の単色咲きチューリップが、ケース丸ごと1,100球入りで販売中!
casekyukon














オランダからチューリップ球根を大量直輸入している国華園だからこその商品です。
普通球の赤花なら、なんと1球あたりのお値段は9.28円と超お買い得です。
13a-tyutairyo



↑ご購入はこちらから!

また、「赤・白・黄 3色揃い咲セット 3色3.300球」なら、3色のチューリップがほぼ同じ時期に咲くので、カラフルなアート花壇も作れます♪
普通の赤・白・黄色のチューリップには飽きちゃった…と言う方には、とっても豪華な八重咲きチューリップ「アンジェリケ」がおすすめ!
angelica














まるでバラかボタンの花のような華やかさ!!
国華園なら「アンジェリケ」も900球入りケースで手に入ります。
こんな華やかなチューリップがたくさん咲いてたら、ご近所の注目を集めること間違いなしですね!
ご購入は↑の大量球根販売ページからどうぞ。

だいたい1平方メートルあたり100球を植えたとして、1,100球あれば10㎡くらいにはなりそうです。
植え方によっては、もっと広い範囲もカバーできるかもしれません。
これなら、植える場所さえあれば立派なチューリップ畑が作れますね!
私もそうですが、そんなに広い花壇は無いよ…という場合は、100球単位での販売もありますし、
もっと少ない個数で高級なチューリップも揃ってます。
一度国華園のチューリップ販売ページをのぞきに来てください♪


自慢のチューリップ球根たちは、オランダ育ち!
今年も元気な球根が、船に乗ってやってきます。
13t-h3-120_0213t-h3-120_0313t-h3-120_0413t-h3-120_05













【水耕栽培】スイートバジルを育ててみました。

新しい商品をご紹介!
その名も水耕栽培セット「やさい生活」「やさい家族」

水耕栽培(すいこうさいばい)ってなに?
水耕栽培とは土を使わず、水で育てる方法です。水と言っても、肥料を混ぜた養液(肥料水)で育てるので、植物が元気に育ちます。栽培も簡単で、病気にもなりにくく、環境が整えば生育も速い!キッチンの窓辺で育てれば、お料理のちょっとしたした彩りに手軽に使えます。また、インテリアとしても抜群です。
yasai-sblogyasai-kblog







2月の某日。弊社の野菜たね担当のバイヤーに呼ばれ、ノコノコと着いていくと、
そこにあったのはこれ、

yasai-blog1

メーカーの方が来て、水耕栽培のセットを紹介していただきました。
見た瞬間、おしゃれなパッケージに思わず目を奪われてしまいました。見かけだけではなく、いろいろすごいことが。
●スポンジがすごい!
 なにがすごいかと言うと、水を保持することができる!水を含むと落ちない!!しかし、水の上に置いても吸水しない構造。
 …ん?どういうこと??と疑問に思う方もいると思いますが、
 とりあえず、「いい感じに水を含んでくれる!!」ということです!なので、水に漬けただけでは吸水してくれないので、最初は手でギュッと絞って、スポンジに水を含ませる必要があるのだとか…
●浮き沈みするので、水の増減が一目でわかる!!
 水を入れる目安は容器からバスケットがはみ出さないぐらい。それを基準に減ったら足すという感じで、とっても簡単!ということ。

やさい家族はちょっと大きいのかな…と考えてると、こんな話を教えてくれました。
ご家庭ですぐに空けられるスペースはコピー用紙のA4サイズだそう。そこで「やさい家族」は約A4の半分のサイズに設計されているということ。大きすぎない、ちょうどいい大きさなのです。

そんな素敵な商品。ぜひ、弊社で売りたい!バイヤーも乗り気です。でも、魅力を伝えるにはどんな商品か知る必要がある!と、販売に先駆けて、弊社でも育てて見ることに…
水耕栽培セットには必要なものは全部入っているので、準備したのは水と500mmのペットボトルだけ!
しかし、栽培が簡単とは言ってもまだ外は寒く、その上、バジルの発芽適温は20~25℃となんともハードルが高い温度。さすがに窓際では寒すぎるため、乾燥しないように穴のあけたビニールをかけ、暖かい暖房器具の前に。
すると、3日目で根が出てきて、4日目で緑の双葉が生えてきました!
yasai-blog2

6日目…3月に入り、外の気温も暖かくなってきたので、日の当たる窓際に移動しました。
yasai-blog3

7日目…水が濁ってきたので初めての水替えをしました。バスケットがぷかぷか浮いているだけなので、水替えがカンタンでした。
9日目…緑も濃くなり、元気に育ってます。双葉は三角形のおもしろい形をしています。
yasai-blog4

17日目…本葉がやっと生えてきました。寒い中、頑張って育ってます。
yasai-blog5

約1ヶ月…まだまだ気温が低く、生育が遅れていますがここまで育つと見慣れたバジルの姿に!!
混み合ってきたので間引きをしました。根元から切り取ります。根っこから引き抜くと他の根も痛めてしまうので注意!!間引きは一度にやらず、バランスを見ながら徐々に減らすのもポイントです!!
yasai-blog6
 生育が遅れているもの、徒長(茎が伸びすぎている)してるものを中心に、葉に光が当たりやすくなるように間引きました。まだまだ小さいですが、香りはバジルそのもの!せっかくなので、間引いたバジルで料理を作りました。

yasai-blog7


4月中旬ごろ…バジルも立派に育ちました!バジルの香りが漂ってきます。
4月16日















栽培してみての感想は
とにかく簡単!!
ということです。肥料を混ぜた養液をあげるだけで、暖かくなってからはグングン育ちました。

初心者でも簡単に育てることができる水耕栽培セットで、
ぜひ、家庭栽培を始めて下さい!







月別アーカイブ
記事検索
ブログスタッフ紹介

国華園ブログスタッフ

2011~2013までインターネット部で植物を担当し、その後、カタログ編集で野菜を担当しています。
野菜関連記事はブログスタッフが直接、その他のジャンルは担当者から原稿を取り立てて掲載しています。