関西最大級の園芸会社 国華園 畑から台所まで

国華園のお得情報満載!植物の育て方やコツなど、栽培に関する情報も♪

国華園情報ブログ

サツマイモの育て方・貯蔵方法

ブログネタ
家庭菜園 に参加中!
イモヅル販売

サツマイモの育て方・貯蔵方法

【植え付け】
連作は可能ですが、イモがひび割れたりしたら次年度は他の場所で栽培します。

【収穫】
10月中旬~降霜前まで

【性質】
日当たりと水はけのよい土地を好み、過湿地を嫌います。(砂質土だと丸形で粉質のイモになりやすい傾向に。水分が多い土地では長いイモになりやすい傾向に)

【栽培のコツ】
畑をよく耕し、堆肥やワラ、刈り草などを多くすき込み、通気性を良くすると収穫量がアップします。

●種イモから栽培する場合
①親株の管理

種イモ用温床の設置例★生育適温
発芽までは地温30~32℃が目安。発芽後は地温を25~27℃に下げ、節間の伸びすぎを防ぎます。温度管理が必要なので、温室や育苗用電熱線マットなど地温調節ができる設備を使用します。もし持っていない場合は、発泡スチロールに伏せ込み、穴をあけたビニールをかけて日中は日光を当て、夜は室内に取り込んで温度を保ちます。温度計をセットしておいて、目安の温度に近い気温で管理してください。


●ポット苗から栽培する場合
①親株の管理

tonnersポット苗を親株として育て、伸び出したイモヅルを5月上旬~6月上旬に定植します。鉢植えなら5号鉢に1株、プランターなら2株を目安に。用土は畑土や市販の培養土に配合肥料を少量混ぜたものを使います。露地植えなら株間20×30㎝間隔で植え付けます。


★生育適温
気温20~30℃、地温23~25℃が目安。9℃以下になると枯死するため、温度を高く保つのがコツ。保温用設備がない場合、トンネルやポリマルチをかけると効果的です。

②イモヅルを採取する
種イモや親株から伸びた苗が50㎝位まで生長したら摘芯し、わき芽を多く出させます。
イモヅルの採取

③イモヅルの植え付け1週間前(5月中旬~6月上旬)
高い畝を作り溝に元肥を入れます。
※高畝にするのは、排水と通気性を良くするため。


元肥:1㎡あたり 
●堆肥:バケツ1杯 ●油カス:少量 ●米ぬか:少量
※その他、ワラや刈り草、草木灰などを入れて土の通気性を良くします。(前に野菜を作っていた畑に植える場合は米ぬか・草木灰だけでも可能。)元肥の上に土を盛り、高さ40cm程の台状の高畝を作ります。

④イモヅルの植え方
※苗が到着したら2日ほど風通しのよい冷暗所に置いてからすぐに植えつけます。植え付けの目安はイモヅルが少ししんなりしている頃です。到着した苗が既にしんなりしていたら到着後すぐに植えつけて下さい。
turu1太くしっかりとしたイモヅルを、5枚以上の葉をつけて親株から切り離し、畝に株間50cm間隔で土中に差し込んでいきます。
発根するまでの数日間こまめに水やりを行います。(発根すると、葉茎が立ち上がってきます。)
イモは節ごとにつくので、しっかりと節を土に埋めるようにして植え付けます。


⑤中耕・土寄せ
6月中旬と7月中旬の2回程、雑草を取り、土を浅く耕し、畝間の土を株元に寄せ通気性を良くします。
※追肥の必要はほとんどありませんが、害虫の被害等で葉がひどくやられたような場合は草木灰などをまきます。この時、油カスや鶏フン等チッソ分の多い肥料は与えません。

⑥収穫
turu2手で株元の土を掘り、イモの肥大を確かめます。収穫は、ツルを丁寧にとってから、イモを傷つけないようにスコップで掘り上げます。
※遅くまで生育させれば大きなイモが収穫できます。ただし、霜に当たると腐るので注意してください。



【貯蔵】
turu3貯蔵適温は13~15℃(12℃以下になると腐ってしまいます)。大量にあるときは図のように土中で貯蔵します。イモは掘りたてではあまり甘味がありませんが、貯蔵することで甘味が増します。
ビニールハウスや軒下では50㎝位の浅い穴に埋めて貯蔵可。少量なら発泡スチロールに入れて穴をあけて埋めます。家庭では乾燥を防ぐために新聞紙に包み、穴あきのポリ袋に入れてスチロール箱に入れて保存します。約10日に1度軽く霧吹きなどで湿り気を与えます。但し、過湿には注意します。


【病害虫の防除】
アカビロウドコガネ(夏にイモの表皮を食害する)→ダイアジノン粒剤など  
イモガ→スミチオン乳剤など

※イモが肥大しない要因は以下の条件が考えられます。
① 土が固い。
② 低温…15℃以下では生長が止まる。
③ 過湿…土壌が温まりにくく、通気不良となり、肥大しにくい。根が多くなる。
④ チッソ過多…葉ばかりが繁るツルボケの症状になりやすい。
⑤ 光…多照・強光を好む。夏~秋にかけて日照が悪いと肥大しにくい。
⑥ 病気

春から始めるイチゴ栽培――イチゴを親株から育てよう!

ichigo-top春からイチゴ栽培を始めると、秋までに20~30株もの子株が取れます!これを秋に植え付けることにより、翌春には美味しいイチゴがたっぷり楽しめます♪

イチゴは果実を買うと高いこともあり、家庭菜園では大人気の植物です。あまり見かけない珍しい品種を育てるのもまた一興。
家庭菜園の醍醐味です!


【植え付け時期】
4~5月 ※春にお届けする苗の場合

【親株の植え付け】
2週間前に畑をよく耕し、1㎡あたり堆肥2kg、苦土石灰100g、有機配合肥料60g(または緩効性化成肥料30g)を施しておきます。なお、堆肥と苦土石灰は畝全体にまんべんなくすき込むとよいのですが、有機配合肥料や化成肥料は今後伸びてくる子株の根に触れないよう、親株を植え付ける所の周辺だけに施すようにしてください。肥料に触れると根の伸びが阻害されてしまいます。

2週間後、ランナー(ほふく茎)が十分に伸びるスペースをとって、株間60㎝で植え付けてください。
itigo1

【ランナーの整理】
苗が活着するとランナーが盛んに伸び始めますが、6月上旬までに発生したランナー及び子株は定植までに老化してしまうのでランナーの付け根からかき取ってください。

6月中旬以降に発生した太くて元気の良いランナーにつく子株は密集しないように配置し、活着しやすいように針金などで固定しておきます。また、花を咲かせると株が弱るので花房が伸びてきたら摘み取ってください。
itigo2
itigo3

【子株の仮植え】
8月下旬~9月上旬になれば子株が十分に根付くので、ランナーから切り離し、仮植えを行います。炭そ病が発生するおそれがあるので、晴れた日に消毒したハサミなどで切り分け、予防のためにオーソサイド水和剤などを散布してください。1㎡あたり堆肥1~2㎏、有機配合肥料200g(化成肥料100g)を施した仮植え床に株間15㎝で植え付けます。その後、活着するまではヨシズなどで50%ほど遮光してください。
この後の管理は秋苗の栽培と同じです。10月頃になったら定植してください。


★プランターで育てる場合
親株は65㎝プランターに1~2株植えとし、子株はポリポットに受けて育苗すると便利です。
※1株の親株からとれる子株の数は露地植えの場合よりも少なくなります。
※子株の根は肥料に触れると傷むので、ポリポットには肥料分を含まない土を入れておき、活着後追肥で補うようにします。夏の間、ランナーから切り離した後も仮植えは行わず、ポットのままで乾燥に注意しながら育てます。定植は65㎝プランターに3株植えとします。
itigo4

★四季なり品種の場合
イチゴには「あまごこち」など四季なりのものがあり、春に他のイチゴ同様実をつけた後、気温や環境が良ければ10月頃まで順次開花・結実します。ランナーの発生は一季なり品種に比べて少ないですが、発生時期は6月~8月頃です。

【日照】
仮植の一定期間を除き、日当たり良く管理してください。

【水やり】
イチゴは乾燥に弱いので、地植でも乾燥するようなら水を与えます。
この時、水をあまり勢いよく与えると、葉に泥が跳ね返り、病気が発生しやすくなります。
水は静かに株元に与えるようにしてくださいね!

【追肥】
イチゴは多肥を嫌いますが、元肥だけでは肥料不足となってしまうので、株の状態を見ながら緩効性の配合肥料や液体肥料を追肥し、生育を助けてやります。
追肥は、数回に分けて少量ずつ与える方が良いです。
油かす、鶏ふんなどチッ素分の多い肥料を与えすぎると、葉ばかり茂って果実が付きにくくなるので要注意です!

【病害虫の予防】
イチゴは病害虫が発生しやすいので、古い葉・枯葉などはこまめに取り除き、常に風通しの良い状態にしておきます。薬剤を散布するとより効果的です。ウドンコ病の予防にはルビゲン水和剤、炭そ病の予防にはオーソサイド水和剤、アブラ虫にはベストガード水溶剤、ハダニにはダニトロンフロアブルなどを使用します。


是非挑戦してみてくださいね!
うまくいけばおうちでイチゴ狩りが楽しめますよ~!

おうちで楽しく果樹栽培【ミニリンゴ・メイちゃんの瞳】

ここ最近、

「家で栽培できる野菜や果物を教えて欲しい!」

という問い合わせを多くいただくようになりました。
自分で育てて収穫して食べるって、思いの外楽しいものです。
野菜は実用的で手軽なのですが、果樹となると、実がなるまでの期間が年単位であることや、場所の問題もあって、悩む方も多いようです。

だってちょっとした庭のスペースでこぢんまり楽しむつもりが、蓋を開けたら大木に育って……となると色々と差し障りがありますからね、洗濯物を干したりとか!

ですので、ここでは育てやすく省スペースな、初心者OKの果樹を紹介していきたいと思います。

今回は、ミニリンゴ【メイちゃんの瞳】という品種をチョイス。
てのひらサイズのちっちゃなリンゴで、樹の形がちょっと面白いんです!
may2may3






may4

この品種は『バレリーナツリー』という名前で、世界一コンパクトな樹形のリンゴといわれています。
枝があまり広がらず、上に向かってすっと伸びて、写真のような円柱状になります。
スラっとした樹形がちょっと珍しく、真上に伸びるため、あまり場所を取らずに栽培できます。
 お庭のシンボルツリーにもぴったりですし、鉢植えにして季節の花々と寄せ植えにしても楽しめます。





may5ちなみに、メイちゃんの瞳は他のリンゴの受粉樹としても利用することができます。
4~5月頃に枝を埋め尽くすようにびっしりと花が咲き誇ります。リンゴの花は愛らしく、鮮やかなピンク色がさらに可愛らしさをアップ。気持ちのいい春の陽気の下、お花見をするのも楽しいですよ♪







may1もちろん、肝心の果実もちゃんと実ります。
ご覧の通り、鈴なりになるミニリンゴ。
メイちゃんの瞳は全く渋味がなく、適度な酸味と甘味があり、生でそのまま食べることができちゃいます!お庭で収穫してそのままカリッと口に頬張ると、甘酸っぱい果汁と香りが口いっぱいに広がります。果重100~180gで、果皮は赤く、果肉の果皮周辺と果芯部も赤く色づきます。

ちょっと変わった果樹を育ててみたい方や、初めてのホームフルーツに挑戦したい方に特におすすめしたい品種です。

バレリーナRツリー
商品情報
●果実はそのまままるかじりでも美味
●花はどのリンゴの受粉樹にもなる
●樹形が円柱状なので、省スペースで栽培可能
落葉樹
鮮やかな花を咲かせる「メイポール」の自然交雑実生。メイポールは加工向きですが、この品種は生でも適度な酸味があり爽やかな風味は、丸かじりで旨い!!花は濃い桃色で美しく、果実も紫紅色の果皮で果肉まで赤!もちろん加工にも向きます。果重100~150g。
お届け状態接木1年生仮植ポット苗
耐寒性強/寒冷地でも地植えOK。
日照日なた
栽培適地庭・鉢植え向き
栽培ポイント1本で実る
収穫期9月上旬

【秋植え野菜栽培】ニンニクの育て方

ニンニクの栽培ニンニクは、タマネギと同じユリ科の食用植物です。秋頃(9月中旬~10月下旬)植えつければ、それほど手間がかからず、簡単に栽培できます。
それほど場所を取らず、プランターでも育てる事ができるので、家庭菜園としてベランダ等で世話をしてもOK。 案外、お手軽な植物なのです。
 →ニンニクの種球販売はこちらから。


◆ニンニクの育て方◆

【植え付け時期】 9月中旬~10月下旬

ninnikuue 【植え付け】
日当たり・水はけ・水もちがよく、有機質に富んだ肥沃な土を好みます。堆肥・配合肥料・苦土石灰を施し、1かけらずつ植え付けます。連作はできるだけ避けます。

植え付けの目安
種類
畝間
間隔
深さ
大型のニンニク
40cm
15~20cm
7.5cm
普通のニンニク
25cm
10~15cm
5cm
葉・芽ニンニク
15cm
5cm
3cm


【追肥】
11月、3月頃に配合肥料を追肥します。

ninnikusetumei【摘蕾】
春になると茎が伸びてきます。
芽ニンニクとはこの伸びてきた茎のことを指します。
伸びてきた花蕾や茎は、ニンニクの肥大を促すため、大型のニンニクなら茎が育ち、花が咲く前、普通のニンニクなら茎が育ちきった頃に摘み取ります。





【収穫と利用法】
●芽ニンニク
4~5月に伸びた茎を収穫し、油炒めなどに。
●葉ニンニク
11~4月の間、適宜収穫(冬の間はトンネルなどで防寒してもよいでしょう)し、芽ニンニクと同様に利用。
●ニンニク
6月頃、葉の3分の2が黄変したら、掘り上げて風通しの良いところで乾燥させます。

【上手に育てるポイント】
脇目は放っておくとニンニクの形が悪くなるので取り除きます。
肥料が残ると苦いニンニクになるので、施肥は3月で打ち切ります。
水気が多いと、収穫後に腐りやすくなるので、収穫1か月前から水をひかえめにします。

【木子について】
ジャンボニンニク無臭ニンニクには収穫したニンニクの底に茶色いぶつぶつが形成される場合があります。
このぶつぶつは木子といい、病気や虫ではありません。
植えておくと徐々に肥大し、2~3年で通常のニンニクまで生長します。

お料理の味付けに何かと便利なニンニク。
今年は家庭菜園で自家製のニンニク作りに挑戦してみましょう!

ニンニクの種球販売はコチラから!

【植物】ヒガンバナを植えよう!

05301405_4de325852aad9[1]夏植え球根のご用意はお済みですか?
国華園の夏植え球根は、今月いっぱいで注文〆切になります。

花の少ない季節のお庭の彩りに、夏植え球根はとってもオススメです。





中でもここ数年、人気が上昇中なのが「彼岸花」です。
夏の終わりから秋にかけて、気温が少し下がってくる季節、見事に真っ赤な彼岸花が咲きます。
別名「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」。
「天上の花」を意味する名前だそうです。

昔は田んぼの畦など、季節になるとどこででも見られた彼岸花。
しかし都会ではあまり見られないのでしょうか。
園芸植物としてガーデニングで楽しむ方が増えているようです。
元々西洋では園芸種の開発が盛んで、様々な種類が作出されています。
英名はリコリス。
赤だけでなく、白や黄色のリコリスもあります。
性質強健で育てやすく、植えっぱなしにすると花つきが良くなります。
世話が苦手な方にピッタリなお花かもしれません(笑)

茎がグンと伸びて花だけが咲きに咲くヒガンバナ。
黄色のリコリスと一緒に育ててもカラフルで素敵です。
一風変わったお庭の彩りにいかがでしょうか。







月別アーカイブ
記事検索
ブログスタッフ紹介