関西最大級の園芸会社 国華園 畑から台所まで

国華園のお得情報満載!植物の育て方やコツなど、栽培に関する情報も♪

国華園情報ブログ

【ショウガ栽培】ショウガの育て方

ショウガの育て方


漢方薬や健康食品にも利用されているショウガは、様々な料理にも使われとっても身近な野菜のひとつですね。
ピリッとした辛味が料理の味を引き締めてくれるだけでなく、その優れた栄養効果・効能から、日本を含む世界各地で香辛料や民間薬として用いられてきた健康野菜「ショウガ」。
そのポカポカ成分は「ジンゲロール」「ショウガオール」「ジンゲロン」という3つの主な辛味成分に分かれています。はじめにピリッとくる辛みがジンゲロールで、後からじんわりと、ぽかぽかくる辛さがショウガオール。生の生姜には、ショウガオールはあまり含まれていませんが、熱を加えることでジンゲロールの一部がショウガオールやジンゲロンに変化し、ぽかぽかパワーがグッと増すそうです。

そんな万能なショウガの栽培は、実はとっても簡単!!安心・安全な自家製ショウガを効果的に日々の食事に取り入れてみませんか。

そんなショウガをご家庭で育てる方法をご紹介いたします。
→ショウガの種イモ販売はこちらから。


◆ショウガの基本情報◆
・学名:Zingiber officinale
・科名:ショウガ科
・属名:ショウガ属
・収穫期:10~11月
・植え付け時期:4~5月
ショウガの栽培方法
■栽培適地
日向~半日陰の湿潤な土地を好みます。鉢・プランター栽培では、赤玉土7:鹿沼土3の混合土が最適ですが、畑土など保水性のある土なら、どんなものでもかまいません。
■植え付け
【注意点】
※連作は嫌うので、2~3年で場所を変えます。
※発芽適温は18℃以上なのであらかじめ切り分けたショウガをポットに植え付けて暖かい所で芽出しをしてから植え付けると生育が早いです。
【植え付け前に行うこと】
・植え付け2週間前:1㎡あたり50gの苦土石灰を畑に施しておきます。
・植え付け1週間前:1㎡あたり堆肥バケツ3分の2杯、配合肥料50gを施して、幅70cmの畝を作ります。
・植え付け3日前:種ショウガの場合、2~3芽付くように切り分け(大ショウガは70~100g、三州・八郎ショウガは60g、金時ショウガは40~50g、ナンキョウは100gが目安)、切り口を乾燥させます。この時、刃物は使わず必ず手で分割してください。
ショウガ種イモ切り分け

【植え付け当日】
株間20~30cm、深さ5~6cmで芽を上にして植え付けます。
※芽がでるまで2か月ほど時間が掛かる場合もあります。
ショウガの畝幅

■その後の管理
生長期間が長いので追肥が大切です。
植え付け10日後から2週間おきに3回追肥し、除草と土寄せをします。1回目は1㎡あたり約150g、2回目と3回目は約100g。乾燥に弱いので梅雨明けには株元に敷きワラします。
■収穫
10~11月頃、根が完全に肥大すると同時に地上部が黄変してきたら新生姜として収穫します。
※10℃いかになると腐ってしまうので、必ず霜が降りる前には収穫してください。
収穫後はモミガラなどに埋めて保管します。
ショウガの栽培表

■金時ショウガの軟化栽培
軟化栽培する場合は、株間は通常より狭めに植え付け、株の上に盛り土をし、光が当たらないように育てます。肥料はほとんど必要ありませんが、乾燥には注意します。新芽がひょろひょろと30cmほどに伸びたら収穫します。
■種ショウガ用の貯蔵
たくさん収穫できたら、来年用の種ショウガとして保存しておくことも可能です。
貯蔵適温は13~16℃。30cm前後に収穫したショウガを積み重ね、湿り気のある赤玉土や畑の土を薄くかけ、その上にショウガをまた重ねる作業を繰り返し、1.2mほどでやめ、3~5cm覆土します。その上に30cm程度のワラをかけて、雨よけをします。半月後の晴天の日にワラを除き、土を15cmかけ60cm以上のワラを重ね、雨よけをします。
※ケンフェリア・ガランガ(バンウコン)は寒さに弱いため、収穫後種芋を保存する際は土を入れた鉢などに入れ、水を切った状態で室内管理することをお勧めします。
■ショウガの豆知識
ショウガの名称

【根しょうが(=ひね生姜・囲い生姜)】
薬味として使うにはコレ。秋に収穫した新しょうがを2か月以上貯蔵した、「一般的なショウガ」。
貯蔵することで適度に水分が抜け、皮も黄土色で固く中身も締まった状態に。繊維質が形成され、生姜本来の香り・辛味が強くなります。
【新しょうが】
十分に根が肥大したころに収穫したショウガを貯蔵せず利用。皮が白っぽく、茎の付け根はうっすらピンクがかっているのが特徴。スジが少なめで、みずみずしく爽やかな辛味が魅力です。甘酢漬け・天ぷら・炒め物などが美味しい。
【葉しょうが】
金時ショウガなどの小ショウガ品種を主に用い、葉が6~7枚程度の時に葉付きで収穫。生のままで味噌などをつけて食べると大変美味しい。
葉しょうがを軟化栽培してさらに若採りしたものは筆しょうが(=矢生姜・芽生姜)と呼ばれ、葉が3~4枚程度・草丈が15cmぐらいの新芽を引き抜いて収穫します。焼き魚などのあしらいとして添えられる「はじかみ」はこの筆生姜を甘酢漬けにしたものです。
ショウガ料理

→ショウガの種イモ販売はこちらから。

第36回日本菊花全国大会 【日本一決定】


第36回、令和元年の日本菊花全国大会

日本一が決定いたしました!!







各賞も決定し展示しておりますので、是非ご来園ください!!

会期:2019年10月20日~11月23日
会場:(株)国華園 和泉本店 ※無料大型駐車場完備
主催:日本菊花会

→日本菊花全国大会・受賞者一覧はこちらから




国華園の菊苗や菊作り用品は、通信販売でも入手可能!
あなたも育ててみませんか?
→菊苗の販売はこちらから。
→菊資材の販売はこちらから。

【第36回 日本菊花全国大会】2019年10月20日よりいよいよ開催!!

第36回 日本菊花全国大会

今年で36回目を迎える日本菊花全国大会が開幕致します。
全国から菊作りの名人が集い、見事な菊がたくさん展示されております。

他に類を見ない、高い栽培技術によって咲き誇る大輪の菊は一見の価値あり!
ぜひ、足をお運びください。

一番の見頃は、審査日(11月5日)の前後となります。
賞が決定するのは11月5日の午後です。
※審査のため、11月5日の展示会入場は午後からとなります。

会期:2019年10月20日~11月23日
会場:(株)国華園 和泉本店 ※無料大型駐車場完備
主催:日本菊花会





国華園の菊苗や菊作り用品は、通信販売でも入手可能!
あなたも育ててみませんか?
→菊苗の販売はこちらから。
→菊資材の販売はこちらから。


【秋植え球根栽培】ユリの育て方

ユリ

初夏から夏にかけての花壇や切花として楽しめるユリ。
すかしユリ、鉄砲ユリ、オリエンタルユリ、原種ユリなど様々な種類があります。
豪華で華やかなゆりを球根から栽培してみませんか。
今回は、ユリを球根から育てる方法をご紹介いたします。
→ユリの球根販売はこちらから。


◆ゆりの基本情報◆
・学名:Lilium
・科名:ユリ科
・属名:ユリ属
・開花期:6月~8月
・植え付け時期:10~1月
・耐寒性:強い


ゆりの栽培方法

■球根をてにいれたら
ゆりの球根は乾燥を大変嫌います。
すぐに植えつけられない場合は、ほんの少し湿らせたおがくずやピートモスに球根を入れ、冷暗所で保管してください。乾燥したり凍結しないよう注意してください。
寒冷地などで地面の氷結などのため、どうしても植え付けが不可能な場合は、鉢に仮植えしておきます。球根は-2℃程度まで耐えますが、芽は霜に当てないでください。

■植え付け前
球根腐敗病など病気を防ぐため、球根を殺菌剤(ホーマイなど)で念のため30分程度消毒します。
球根消毒は、希釈濃度と浸漬時間を守り、消毒後は風通しの良い日陰で軽く乾かしてください。

■用土
【地植え】
水はけの良くするため、予め腐葉土(約500g/㎡)などを混合し、元肥として緩効性肥料を混ぜておきます。(化成肥料なら約20g/㎡、有機肥料なら約100g/㎡)窒素過多にならないよう注意してください。
土壌のpHは6程度の弱酸性が適しています。ただし、すかしユリの場合は中性(pH7)に調整してください。
【鉢植え】
・すかしユリ→赤玉土6:腐葉土2:砂2
・オリエンタルユリ、山ユリ、その他原種ユリ→赤玉土5:腐葉土5
・鉄砲ユリ、トランペットリリー→赤玉土7:腐葉土3

■植え付け方
ユリは球根の上部からも根(上根)を出し、そこから養分を吸収するので、
必ず深植えにしてください。
【地植え】
地植えの植え方
【鉢植え】
鉢植えの植え方

■水やり
【地植え】
土がひどく乾燥している時に与えます。
【鉢植え】
土の表面が乾く直前にたっぷりと与えます。

■追肥(4~9月)
【地植え】
芽が伸び始めた頃に行います。
1株あたり化成肥料なら3~5g、有機肥料なら約20g与えてください。
液体肥料の場合は月に1~2回与えてください。
【鉢植え】
緩効性の固形肥料を2か月に1回与えます。
ひと鉢あたり、化成肥料なら約2g、有機肥料なら約10gが目安。
液体肥料の場合は月に1~2回、水やり代わりに与えます。

■病害虫
茎の下側から枯れてきた場合は、「フロンサイド」などで土壌を消毒します。
アブラムシ類、アザミウマ類、ヨトウムシ類などの防除には「オルトラン」をお使いください。
ウイルス病(葉に緑の濃淡・黄色の斑点・葉の縮れやねじれ・落葉・萎縮など)にかかった株は治ることはありません(ウイルス病に効く薬剤は存在しません)。アブラムシなどがウイルスを媒介して他の株にうつるのですぐに抜き取って焼却処分してください。
観賞用のユリのほとんどは既にウイルスに侵されていると言われていますが、適正な栽培環境で育てればウイルス病は発症しません。冬場の乾燥はウイルス病の発症原因となるので、ご注意ください。

■植え替え
【地植え】
生育条件の良いところであれば、2~3年は植えっ放しで構いません。
【鉢植え】
葉が半分程度枯れてきたら、球根を掘り上げて消毒し、すぐに新しい土に植え替えます。

■花後
花が咲き終わったら種をつけさせないために、早めに花首から花がらを折り取ります。
ハサミを使うと他の株にウイルスがうつる恐れがあるので、必ず手で折り取りましょう。
そして、お礼肥を与えて球根の肥大に努めます。
翌年も良い花を咲かせるためにできるだけたくさん茎葉を残した状態で、自然に枯れる9~11月頃まで育てます。その間、液肥を月1~2回の頻度で与えると良いでしょう。
木子

ユリのポイント


→オリエンタルユリの球根販売はこちらから。
→すかしユリの球根販売はこちらから。
→鉄砲ユリの球根販売はこちらから。
→原種ユリの球根販売はこちらから。

→ユリの球根販売はこちらから。



【秋植え球根栽培】チューリップの育て方

チューリップ

春の花といえばチューリップ!
春の花壇を華やかに彩り、見る人の心もウキウキとした春気分にしてくれます。

チューリップ栽培は比較的簡単で、ガーデンニング初心者さんでも、
ポイントさえおさえれば大丈夫!!
そんなチューリップを球根から育てる方法をご紹介いたします。
→チューリップの球根販売はこちらから。


◆チューリップの基本情報◆
・学名:Tulip
・科名:ユリ科
・属名:チューリップ属
・開花期:3月中旬~5月中旬
・植え付け時期:10~12月
・耐寒性:強い
水はけの良い場所に植え付けます。年内に植え付ければ、翌年の開花期に十分花を楽しむことができます。残暑が去り、気温が下がってから植え付けます。モミジが見頃になる時期が良いでしょう。それまでは、風通しの良い涼しい日陰で保管します。

チューリップの栽培方法

■チューリップの球根を手に入れたら、植え付け前にぜひ消毒を!!
球根腐敗病などの病気を防ぐため、球根を殺菌剤で消毒をおすすめします(例:オーソサイド水和剤800倍液に20分間浸す)。消毒後は風通しの良い日陰でよく乾かすと効果がより高まります。

■用土
【地植え】
腐葉土を1㎡あたりバケツ1杯程度(約5~6リットル)施し、深さ20~30cm程度で耕しておきます。元肥として緩効性肥料(有機肥料約100g/㎡または化成肥料約20g/㎡)を土にすき込みます。
【鉢植え】
水はけが良ければ土質は特に選びません。花と野菜の土などホームセンターや園芸店で市販されている培養土で大丈夫です。

■植え付け方
植え付け後は戸外に置き冬の寒さに当てます。
暖地では早春になって芽が伸び始める頃までは十分な寒さが必要なため、日陰で管理するとよいでしょう。
【地植え】
チューリップ植えつけ方
 ・植え付け目安:1㎡あたり100球、密植して豪華に楽しむ場合は、1㎡あたり200~300球
【鉢植え】
球根3球分の深さになるように植えます。霜が降りない環境であれば、球根が隠れる程度の浅植えでも構いません。
 ・植え付け目安:6号鉢で約5球、65cmプランターで約20球
  (上記は基本、もっと球根数をふやして密に植えると豪華になります)

■水やり
チューリップはたいへん水分を好みます。
土が乾くと花が咲かなくなるおそれがあるので、冬の間も時々水を与えたり、敷きわらをする等して土を乾かさないように注意しましょう。また、茎を伸ばす時期(2~3月頃)に水分が不足すると、草丈が十分に伸びなかったり、花の重みで茎が折れたりすることもあるので、たっぷり水を与えましょう。特に鉢植えの場合は3~4日に1回に水やりを行なってください。

■追肥
2~3月頃に芽が出始めたら、緩効性の化成肥料を1株あたりひとつまみずつ(約10~20g/㎡)与えます。

■病害虫
球根腐敗病により「あともうひと息で開花なのに」というタイミングで急に葉が黄ばみ、短期間のうちに枯れてしまうことがあります。植え付け前に球根の消毒を行うことと、必要以上に塩分を含む化成肥料を施さないように注意してください。
また、アブラムシによってウイルス病が伝染すると、花弁にモザイク状の筋が入ってしまいます。アブラムシは発見次第、園芸用のエアゾール式殺虫剤などで駆除しましょう。

■花が終わったら
チューリップは花を咲かせるために、球根内の養分を使い切ってしまいます。そのため、一度開花した球根を来年も咲かせることは、大変難しいことなのです。特に関西以西や太平洋側などの暖地では、茎葉が枯れるのが早く来年用の養分が十分にためられず、球根の太りが悪くその傾向が顕著です。(発芽しても、そのまま葉だけが成長して花がつかないことが多いです)
生育適地(夏に乾燥し、冬に湿潤な環境となる寒冷地)であれば来年の開花が望めるます。来年も咲かせたい場合は、花が終わったら、花がらを花首から手で折り取ります(ハサミなど用いる場合は、消毒してください)。葉が半分ほど枯れるまでは日光にしっかりと当て、月に1~2回ほど液体肥料を与えます。葉が半分ほど枯れたら球根を掘り上げ、日陰でよく乾燥させてから網袋などに入れ、風通しの良い日陰で秋まで保管します。
※原種系チューリップは生育条件の良い場所であれば2~3年は植えっ放しで毎年開花します。

チューリップの植え付けポイント

冬の間は極端に乾燥させないことが大切です!! 暖地では十分な寒さにあてるため、地植えならばやや深めに植え、鉢植えならば早春まで日陰で管理しましょう。


→チューリップの球根販売はこちらから。

チューリップの球根に関するよくある質問

Q.植え付けを忘れていたのですが春に植え付けはできますか?
A.春の植え付けはできません。遅くとも12月中の植え付けが必要です。

 チューリップなどの秋植えの球根植物は、ある程度気温が下がってくると植え付け前でも生育を始めようとします。一度生育が始まると球根はどんどん消耗し小さくなってしまいますので、できるだけ早く植え付けたほうが良いでしょう。

Q.開花を早めることは可能ですか?
A.低温処理など特別な処理を行わないとできません。

 チューリップは、ある一定期間低温にあたることで順調に生育・開花します。切花の生産などでは人工的に低温処理(冷蔵など)をすることで開花を早めています。

Q.入学式の日に合わせて花を咲かせたいのですが…。
A.特定の日に合わせてチューリップを開花させるのは、プロの栽培農家さんであっても困難なほど、非常に難しいです。

 開花時期を左右するのは、植え付け時期だけに限らず気温や日当たりなど、その時々の栽培環境や気象条件によって大きく変わってきます。もちろん、品種によっても異なります。

Q.花首が伸びません。どうしたら良いのでしょうか?
A.芽が出ていない冬の時期に乾燥しすぎることが花首の伸びない主な要因

 チューリップは過湿を嫌いますが、芽が出ていない冬にも週に1~2回は水を与えてください。また、植物体を支えるための根が拡がらないと草丈が低くなるので、特に鉢植えの場合は土をたっぷり入れてください。
 急激に温度が上がると花首が十分に成長するよりも先に花が咲く場合があります。日当たりの良い場所を好みますが、一日中光が当たるのはかえって逆効果となるので、春先は温度変化を最小限に抑えるため明るい半日陰等で管理すると良いでしょう。

Q.花が咲きません…。どうしてでしょうか?
A.冬場に水やりを怠ることが大きな要因と考えられます。

 また、生育環境が良くないと、花を作るエネルギーが足りず、うまく花が咲きません。かと言って、栄養状態を良くしようと肥料をたっぷり与えるのも良くありません。
チッ素分が多いと植物は葉っぱばかりを成長させます。葉が青々と育ち過ぎている場合は、枯れるまで葉を育てて球根を肥培させましょう。掘り上げた球根は来季の開花を期待して秋まで保存します。


チューリップの栽培は比較的簡単です!! 是非トライしてみてください。
国華園では豊富な種類と激安価格でチューリップの球根をご提供しております。
毎年キレイに咲いたと喜びの声をいただくほど、大好評です。
チューリップの球根は是非国華園でお買い求めくださいませ!!

→チューリップの球根販売はこちらから。







月別アーカイブ
記事検索
ブログスタッフ紹介

国華園ブログスタッフ

2011~2013までインターネット部で植物を担当し、その後、カタログ編集で野菜を担当しています。
野菜関連記事はブログスタッフが直接、その他のジャンルは担当者から原稿を取り立てて掲載しています。