akijyaga
ゴールデンウイークも終わり、徐々に梅雨の足音が聞こえてきました。
皆様、お元気ですか?
梅雨が終われば、本格的な夏到来ですね。
炎天下での農作業は大変……熱中症には十分ご注意ください。


さて、そんな酷暑の中でも、準備しておきたい植物のひとつが「秋じゃが」。
夏に植え付け、秋に収穫するじゃがいものことです。
(※寒冷地での栽培は、残念ながらできません)
春植えとは違い、植え付けから収穫までの期間が短いため、いくつかのコツを抑えておく必要があります
今回は、そのコツを大公開!

秋植えじゃがいも栽培のコツ

「暑さ対策」と「収穫までの短さ」をどうするか、それがポイントです。


暑さ対策1 種イモは切らない
春植えの場合、種イモを切り分けてから切り口をしっかり乾かしてから植え付けます。
しかし秋植えの場合、暑さのため春植えに比べて切り口から腐敗しやすいのです。
ですので、秋植えじゃがいもは切らずに植え付けるのが一般的。
どうしてもイモが大きく、切りたいという場合は、切り口がコルク化するまでしっかり乾燥させてください。

暑さ対策2 浴光催芽する場合は直射日光を避け、風通しの良い日陰で行う
イモの発芽を促進する「浴光催芽」。
これは、光が当たると芽を出すというじゃがいもの特徴を生かして、発芽を促進させる方法です。
春は日差しがやわらかいので直射日光を当ててもかまいませんが、秋植えの場合、日差しが強すぎて、イモも芽も焼けてしまいます。
ですから、浴光催芽は明るく風通しの良い日陰で行ってください。
雨の当たらない場所に新聞紙などを敷き、種イモを並べて1週間ほど置きます。

暑さ対策3 植え付けは早朝に
夏の日中、暑いのは土の中も同じです。
いきなり熱い土の中に埋められた種イモは、蒸し焼きにされているのと同じ。
これでは、ダメになってしまうのも当然ですね。
植え付けは早朝の涼しい時、もしくは曇りの日にしましょう。
また、過湿を嫌うのはもちろんですが、植え付け時に乾燥がひどいのもよくありません。
適度な水分状態にするため、植え付け前日にしっかり潅水しておくか、雨の数日後に植え付けてもよいでしょう。

暑さ対策4 病気や害虫に注意
暑い時期には疫病などが発生しやすくなります。
蒸れや暑さで株が弱りますので、早めに殺菌剤を散布するようにしましょう。
また、ハダニやアブラムシなどの被害も増えます。
収穫直前に薬剤を使用する場合、収穫の何日前まで使用可能なのか確認しておいてください。


そして短期集中のコツは、「芽を1本に絞る」です。

苗が10から15センチくらいになったら芽かきを行います。
春植えでは1株に1から2本の芽を残しますが、秋植えではできれば1本だけ残すほうが望ましいです。
これは、養分の分散を防ぎ、できるイモの数を絞って効率よく肥大させるためです。
この作業をしないと、小さなイモがたくさん採れることになります。
このとき、株元に土寄せをしておくのを忘れずに。
草丈が25から30センチくらいになったら、もう一度土寄せをしましょう。
akijyagaseityou

11月に入り、霜が数回降りた頃に地上部が枯れたら収穫です。
収穫の時、水分が多いとイモが腐りやすくなりますので、
晴れが数日続いた後に収穫してください。
貯蔵適温は2から3度。風が通り、涼しくて日の当たらない場所で保存します。
イモを洗うと腐りやすくなるので、土は払い落す程度にしたほうがよいでしょう。


いかがですか?注意点はたくさんあるように見えますが、そんなに難しくはありません。
冬においしいジャガイモ料理はたくさんありますから、収穫が楽しみですね!
国華園では、市場にあまり出回らない品種も取りそろえておりますので、ぜひ家庭菜園で育ててご賞味ください。

秋植えジャガイモの種イモ販売はこちらから!