gj-corn02

宝石みたいにひとつの穂にカラフルな実が入るトウモロコシ。
遺伝子組み換えでもなんでもなく、そういう品種なのです。
育て方は、実は普通のスイート系のトウモロコシと同じ。
ただし、植えるときに周囲にスイートコーンが植わっていないかを良く確認しましょう。
トウモロコシは、近くに異品種があると交配して、実の品質が落ちてしまいます。
グラスジェムコーンは「爆裂種」という分類で、スーパーなどで売っているスイートコーンとは系統が違います。

この、異株交配によってグラスジェムコーンの色が混じりますので、植えるときは色んな株から受粉できるように2列や3列で四角形を作るようにかためて定植しましょう!

jyueruhasyu
まず種まき。
ポットにまいて、25~30度くらいで管理します。

jyueruhatuga
だいたい1週間前後で発芽します。
写真は、土が足りなくて一部のポットが畑の土になっていますが、種まきは種まき専用の土を使った方が成功率が高いです。もちろん、畑の土で蒔いたからと言って発芽しないことはないです。

jyuerukonn100
芽が出そろってきたら太陽にしっかり当てて育苗!
遅霜にはくれぐれも御注意くださいね。
霜に当たるとほぼ確実に枯れます。

jyuerubunketu
ある程度育ったところで畑に定植します。
株間は30cm程度で、2列・3列に植えるようにします。
黒マルチは防草効果と、地温を上げて初期生育を助けてくれます。
なくても大丈夫。草抜き頑張りましょう!
脇から分けつ枝が出てきますが、とらずに育てます。

jyueruzukkini
草ではなく隣に植わっていたズッキーニに縄張りを侵食されながらも元気に育っています。
草丈50cmくらいになったら速効性の化成肥料N:P:K=8:8:8の肥料を1株に一握りずつ与えます。
このときにマルチははぎ取ります。
肥料をまいた上に土を被せます(土寄せ)。

jyuerudekasugi
グラスジェムコーンはスイートコーンより背が高くなります。
雄穂(一番てっぺんから出てきます)が見え始めた頃に、デナポンという薬をまきます。
アワノメイガという、トウモロコシを食害する天敵対策です。
雌穂(トウモロコシ)が出てきたあたりでもう一度薬をまきます。

薬を使いたくない場合は、受粉が終わった後に雄を穂切り落としたり、雌穂(トウモロコシ)にアワノメイガが侵入しないようにカバーを被せたりします、が、完璧には防げません。

sutokkinngu
一度、試着用のストッキングを二重に被せて保護してみると、割と守られました。

★DSCN3178
収穫は、外皮が枯れてから行います。
茶色くなってくるまで我慢しましょう。
こちら、昨年実際に収穫したグラスジェムコーンです。
奥から2本目は赤っぽくてあんまり混じっておりません。
雌穂が受粉するタイミングで花粉を出している雄穂が少なかったのでしょう。
全部の実が違った色合いになるので、皮をめくるのが楽しいですよ♪

種の購入はコチラからどうぞ!

苗の購入はコチラからどうぞ!